注目の記事

  • 食品容器の種類

    食品容器には、目的によって様々な種類があります。生活雑貨やキッチン用品として使うものや使い捨ての容器があります。使い捨て容器には、身近なものとして弁当容器や丼ぶりに使われている発泡どんぶりなどがあります。

    READ MORE
  • 食品容器の活用法

    食品容器は、自分の目的によって使い分けることができます。キッチンで利用する場合は、食材の保存容器として利用したり、弁当箱替わりにしたりする人もいます。調味料保存用の容器もあります。

    READ MORE
  • 食品容器のメリット

    食品容器を使うことで、多くのメリットがあります。冷蔵庫への保存の際に、食材ごとに分けて保存することできるので、料理の役に立ちます。持ち運びも便利なので、外出の際にも多くの方が利用しています。

    READ MORE

食品容器とは

私たちはあらゆる場所で食品容器を目にしています。スーパーやコンビニなどでは、プラスチックの弁当箱を見かけます。
食品容器には様々なタイプがあり、ガラス瓶、プラスチック、袋などがあります。
プラスチック食品容器は、透明性に優れているものがほとんどなので食材が見えやすい特徴があります。
一般的にスーパーやコンビニの弁当に使われている容器です。
常温の保存に適しているので、幅広く利用することができます。
値段も高くないので、主婦も多く使用しています。

業務用として低価格で販売しているので、弁当屋さんや飲食店など大量に購入する場合にも多く利用されています。
バラ売りも行なっているので、必要な分だけ購入することも可能です。移動販売を行なっている人にも利用しやすいので人気があります。
プラスチックのものは、使い捨てタイプのものなので、使い終わるとすぐに処分することもできます。
会社で電子レンジを利用する方もいるので、電子レンジに対応したタイプのものも出ています。
油や酸などにも耐性のある容器もあり、惣菜容器やサラダ容器としても使われるようになっています。

以前までは、プラスチックと聞くと、石油を原料にしているので環境に影響を与えるとされていました。
しかし現在では、発泡技術の発達で、少ない石油原料から製造することができる発泡スチロールが増えています。
その為、環境へも配慮され、石油消費量も少なくなっています。

オススメリンク

  • 株式会社 キーストン

    災害時に備えて土のう袋を購入しておくのがお勧めです。コンパクトに収納できる製品をコチラで販売していますよ。

注目の記事