食品容器の活用法

食品容器は主に台所で使用されます。料理を多く作りすぎてしまったとき、小分けして食品容器に入れておくとそのまま冷蔵庫や冷凍庫に保存できます。
赤ちゃん用の離乳食を手作りする場合、食材をミキサーで砕いたあとに食品容器に入れておきます。
食事時間に容器を取り出し、電子レンジや鍋などで加熱をするとすぐ食べられます。
なかにはフライパンや鍋を使わず、食品容器を使って電子レンジで調理するレシピ集もあります。料理に不慣れな人でも、調味料やソースを入れてレンジで加熱するだけで食材が調理できます。
食べきれない場合そのまま保存でき、翌日も調理をする手間が省けます。忙しくて時間が無いときや、外食できないときでも食事が用意できます。

学校や会社など、自宅以外でも食品容器が大活躍します。
前日のおかずを食品容器に詰めるだけで弁当が出来上がります。スーパーやコンビニに買いに行く手間も省けるので、お昼時間を有効に活用できます。
弁当箱として販売している商品は高価なものもあるため、格安な食品容器が人気です。
銀紙を仕切りとして弁当箱に設置すると、おかずや白米を綺麗に分けられます。銀紙のカップなどもあるので、組み合わせると汁ものやサラダなども分けて入れられます。
汁もの専用の食品容器などもあるため、スープ料理も入れられます。寒い時期や、消化にやさしい食べ物を食べたいときに最適です。

小さいサイズの食品容器は、塩やコショウなどの調味料入れにできます。
粉類は散らばりやすく、サイズが大きすぎるとスペースが余ってしまいます。調味料用の食品容器ならサイズも小さく、台所の調味料入れやカバンの中にも収まります。
サラダのドレッシングなども入れられるので、マイ調味料として持ち運べます。

注目の記事