食品容器のメリット

冷蔵庫は、料理に使う食材を保存しておいたり、余った料理を保存したりできる家電製品です。
食品を長期保存できるので、気づいた時には食品が多すぎて収納スペースがないという人も少なくありません。そのような場合、食材を調理して使い切れれば収納スペースが増えます。
使い切れなかった食材は、食品容器に入れておきます。お皿に入れたままだと、積み重ねられなかったり、奥行きが足りずに保存できない場合があります。
食品容器はフタが付いているので、そのまま積み重ねることが可能です。
食材でかさばってしまった冷蔵庫も、スペースが空くことで冷気が流れやすく食材が長く保存できます。
冷蔵庫の中に何が入っているかも、ひと目でチェックできるところもメリットです。

大量にある食材は、そのままではなく皮を向いたり切ったりして小分けにします。
ブロック状に切り分けるとカレーやシチューの具材として活用でき、細く切り分けると炒めものなどに活用できます。
その日に使う機会がなくても、食品容器に入れておけばいつでも、どんな料理でもすぐに準備できるので時間短縮です。
フタを開けて鍋に入れるだけなので、加熱や煮込むことで料理が完成します。
小分けしたほうが持ちも良くなる食材もあるので、肉やほうれん草などから食品容器に小分けしておくとよいでしょう。

パーティーでも食品容器は活躍します。キッチンで調理した料理をそのまま食品容器に入れて持ち運び、会場について開封するだけです。
調理スペースがない場所でも、自宅で調理するので手間がかかりません。保温性の食品容器を活用すれば、出来上がった料理がすぐに食べられます。
余ってしまった場合でも、そのままフタをして持ち帰るだけです。

注目の記事