食品容器の種類

料理を鍋やフライパンで作った際、食べきれない分は食品容器に入れて保存しておくと翌日も食べられます。
食品容器はお茶碗や皿といった食器よりも、食べ物を入れやすく、保存しやすい構造に作られています。
おかずとして作った料理や、漬け物やサラダなど、様々な料理を入れて冷蔵庫などにまとめて置ける便利なアイテムです。
保存のために食器を使った場合、料理を食べるときに皿がなくなったり、使い終わった皿を洗って使うような手間がかかりません。
保存用や持ち運び用として、家庭に数種類置いておくと便利です。
食品容器は種類が豊富なので、シーンや用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。

食品容器といえば、キッチン用品として活用されているプラスチック容器があります。
プラスチック容器のほとんどは透明なので、容器を開封せずとも中身が確認できます。
汁ものの料理や細かくまばらな料理だと、開封時に溢れる可能性があります。さらに、開封したときに別の食品と混ざってしまうこともあるため、中身を確認できる透明タイプが選ばれています。
形も様々あり、四角く底が深いタイプや浅いタイプ、円形タイプや長方形タイプなどがあります。
四角いタイプはほとんどの料理が保存できます。円形タイプは角ばっていないので、スペースが限られている冷蔵庫やカバンの中でも収まります。また、長方形タイプはパスタやそうめんといった麺類の保存に適しています。
耐熱性の食品容器もあるため、電子レンジで温めたあと、すぐ食卓に並べられます。

ピクニックやバーベキューなど、野外では使い捨ての食品容器が活躍します。
紙皿やプラスチックの皿、カップなど形や質も様々です。
使い終わったあとは、まとめて処分できるので荷物が増えることはありません。
スーパーやコンビニなどでも販売しているので、簡単に購入できます。

注目の記事